2017年06月10日

受験前の不安は尽きないものです

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s.jpg
先週、とてもありがたいコメントをいただきました。↓
詳しくはこちらのコメント欄


大学院修了後の実務先についてのご質問でしたが、放送大学では大学院修了後の実務経験先は、自分で見つけることが前提になっているようです。確かにこれまで、関連領域での経験がないとなかなか終了後の実務先を探すことは難しいと感じるかもしれません。でも、当たり前のことですが誰でも最初は初心者ですよね。スタートするのに遅いということはありません。私の好きな言葉に「今が一番若い時」という言葉があります。
「今が一番若い時」について書いた記事はこちら↓↓
>>臨床心理士資格を取得する前にスクールカウンセラーの仕事に就いてよかったと思った理由


もう〇〇歳だから・・・というのは、自分を納得させるためにはとても良い言葉です。でも、この時を逃してしまうとこれから先、今日よりも若い日は確実にありません。だからこそ今日、始めましょう(*^^*)


一人での受験勉強はなかなかハードなものでした。自分のレベルがどのくらいなのか、果たして大学院に合格できるレベルなのか。どのように評価されるかがわからないからこそ不安になるものです。


これはもう、本当にできるだけ情報を収集して、過去に受験を経験した人たちにどんどん聞いてみるとか参考になりそうな書籍に当たるなどしてできる限りのことをするしかないと思います。(まさになりふり構わず「石に噛り付いてでも」とコメントを下さった方もいらっしゃるくらい…笑)


受験に不安はつきものです。疑問を持った時に尋ねることができる、不安を抱えたときに助けを求められることも「学ぼうとしている者」としては大事な資質だと思います。今回、コメントをくださったことで不安が解消された方も居られると思います。


こちらで共有し一緒に考えることで、私自身も読んでくださる方にも良い学習の機会となります。どのようなご質問でも構いませんので、お気軽にお知らせくださいね。


posted by あおい at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院受験記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】