2018年04月09日

スクールカウンセラーの辞令交付式でした♪

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

adec889bbb3b7e1fd3c006ec734abc4b_s.jpg
先日、無事に今年度のスクールカウンセラー委嘱状をいただきました。今年度本地区はSCの人数が減り、その分一人当たりの配置時間が増えるという現象が起きていました(^^;私も配置校数は前年度と変わらないのですが、時数が週当たり6時間増でした。気を引き締めてがんばりたいと思います。


辞令交付式を終え、配置校と年間計画を立て始めています。実際の勤務は4月後半からですので、それまではもうしばらく研修と学習に時間を使うことが出来そうです。


以前ご紹介した放送大学を受験した知人も委嘱状を受け取り、結構な配置校数に驚いているようでした。同時に大学院受験の学習、公認心理師の受験勉強等彼女ともいろいろと情報交換をしながらお仕事も頑張ります。
>>臨床心理士指定大学院を受験した友人


そうそう、まだ届いていませんが公認心理師の手引きも請求しました。今年は事情があって受験しない予定ですが、次年度の試験に向けて⇓のテキストでボチボチ勉強してます。現任者講習のテキストと内容がかぶっている部分が多く、現任者講習よりもやや詳しく説明されています。これ1冊ではとてもカバーできないとは思いますが、これからも色々と本が出てくるのでやはり複数使いで対策することをお勧めします。



大学院の同期とのやりとりでは、こちらのテキスト⇓の話題もあがっていました。




2018年03月13日

次年度のスクールカウンセラー任用通知。

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


今年も無事、次年度のスクールカウンセラー任用継続の通知が届きました(^^♪

fcd72c2fedb4169d50e4fa9e3168db23_s.jpg

こちらの自治体は、スクールカウンセラーは3年を超えて勤続すると毎年毎年面接を受けなおさなければならなくなります(多分ほとんどの自治体がそうかも)。そのため、11月末ごろに私も面接を受けてきました。
※面接の内容はまた思い出したらアップします。


この時期は、大丈夫だろうという気持ちとやっぱり少し不安な気持ちと。
任用継続の通知が来て正直ほっとしましたよ(^_-)-☆配置校も今年度と変わらずすべての学校に継続して関わることができることになり、安心です。


次年度もまた頑張ります♪


お時間あれば過去記事もどうぞ〜♪
>>スクールカウンセラーの採用面接で聞かれた質問


2017年11月21日

子どもの貧困について考える

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


久々の投稿になってしまいました。修士論文の最終まとめで切羽詰まっています(;´・ω・)


先日、スクールカウンセラーの協議会で「子どもの貧困」について考える機会がありました。子どもの貧困について調べていくと、貧困は日々の生活費に困窮しているという状態のほかに家族の縁や地域とのつながり、社会的な保障からも漏れてしまっているという縁(つながり)の貧困もありそうだということがわかりました。


そんな中で出会ったのが、ルポライターの鈴木大介さんの記事。
東洋経済オンライン 鈴木大介


私たちの見えていない現実がまだまだあるということを痛感させられた記事でした。そして、自分の関わる子どもたちの行く末なども考えたり。


貧困って、子どもが生活する家庭で起きるものでそこにはやはり親の収入や生活能力なども影響してくるので家庭への支援がマストですよね。そんなわけで、鈴木さんの著書も含め貧困に関わる書籍を購入して勉強中です。

20171121_132253.jpg


女性の貧困は子どもの貧困に直結する。そう思います。
貧困が当事者にとってどういうものなのか、善か悪かだけでは割り切れない深い課題が見えてきそう。


【Google AdSense】