2017年11月21日

子どもの貧困について考える

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


久々の投稿になってしまいました。修士論文の最終まとめで切羽詰まっています(;´・ω・)


先日、スクールカウンセラーの協議会で「子どもの貧困」について考える機会がありました。子どもの貧困について調べていくと、貧困は日々の生活費に困窮しているという状態のほかに家族の縁や地域とのつながり、社会的な保障からも漏れてしまっているという縁(つながり)の貧困もありそうだということがわかりました。


そんな中で出会ったのが、ルポライターの鈴木大介さんの記事。
東洋経済オンライン 鈴木大介


私たちの見えていない現実がまだまだあるということを痛感させられた記事でした。そして、自分の関わる子どもたちの行く末なども考えたり。


貧困って、子どもが生活する家庭で起きるものでそこにはやはり親の収入や生活能力なども影響してくるので家庭への支援がマストですよね。そんなわけで、鈴木さんの著書も含め貧困に関わる書籍を購入して勉強中です。

20171121_132253.jpg


女性の貧困は子どもの貧困に直結する。そう思います。
貧困が当事者にとってどういうものなのか、善か悪かだけでは割り切れない深い課題が見えてきそう。


2017年07月29日

子育て支援センターで子育て講座を開催中です♡

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


私は現在、スクールカウンセラーとしてお仕事を戴いていますが、将来はもっと下の年齢からの子育てにかかわるお仕事をしてみたいと思っています。
79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_s.jpg

大学院での研究テーマも子育て支援に関することで進めているのですが、その関連で地元の保育園の中にある支援センターで講座をさせていただくことになりました。


ご家庭で子育てをされているお母さんたちが通ってこられる場所ですので、もちろん子どもたちも一緒の講座です。講座の最中も子どもたちがちょろちょろと歩き回り、時にはケンカが始まったりぐずって泣いたりして立って抱っこしながら話を聞いてくださるお母さんもおられるようなゆる〜い感じの講座です(^^)


この子たちが大きくなって小学生、中学生になった時のことまで想像しながら、お母さんたちが少しでも子育てを前向きにとらえて楽しめるように。そんな気持ちを持ちながらお話させていただいています。


>>カウンセラーになりたい人にお勧めの資格

2017年07月25日

教職員向けの研修講師をさせていただきました

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


先日、スクールカウンセラーとして勤務している小学校で夏休みの教職員向けの研修があり、講師を務めさせていただきました。

5deaf57c7eb603a2db50e1e3fdc1961a_s.jpg
テーマは発達障害の基礎と社会スキルについて。


授業のプロである先生方の前でお話させていただくのはものすごく緊張しますが、スクールうカウンセラーの大切な職務の一つとして職員研修が位置付けられています。年度初めの辞令交付式には教育事務所の課長から研修会を開催するようにということを直接言われます。


2学期も小学生に向けたアンガ―マネジメントや受験生に向けたストレスマネジメントの授業、職員研修の予定がいくつかあります。


研修でお話をさせていただくということは、自分の理解が不十分では務まらないということを準備の段階で嫌と言うほど感じます。


だからこそ、準備は念入りに。先生方、生徒の皆さんにとって少しでも「聞けて良かった」と思っていただけるような研修をするために図書館へ通い、資料を集めまとめ。と、労力もかかりますが、アウトプットすることによって自分の中でも整理されていくのがよくわかります。


今回の講義で参考にした資料をいくつか載せておきます。
関心のある方は参考になさってみてくださいね。





【Google AdSense】