2017年09月03日

スクーリング&修論中間発表の報告

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


ちょっと間が空きましたが、スクーリングが終わりました。今回のスクーリングは、これまでよりもだいぶ日数が短く、3日間でした。
f6b2cfb2283790962b89ee3cbb8b86c8_s.jpg

1日目中間発表会
2、3日目は事例検討会
というスケジュールでした。


中間発表は、研究の目的や手法を中心に報告する形で、今どのあたりまで進んでいるかを報告しながら先生方からコメントを頂くというものでした。やはり先生方のコメントは鋭く、答えに詰まるところもありましたが、最終の発表会には明確に答えられるように指導教官と詰めていくことになりました。


コメントは鋭く、「うッ」となってしまうこともありますが、それでも食いついてより良い論文にできるように生かすことが大切だと思います。すごくありがたい20分間です。


私の場合、すでに修論に関する調査は終わっているので、目的、方法、結果のところは書き始めることができます。最近結果の分析が一通り終わったところなので、指導教官の先生に指導を仰ぎながらさらに深い分析へと進んでいく予定です。


最初は『修士論文なんて・・・』とものすごく高いハードルのように感じていましたが、目には見えない心の動きが数値で見えてくるのはとても興味深い体験です。事例研究のようにまた一人の心の動きをじっくりを見ていくことも2年間という時間をかけてじっくり取り組むからこそできることだと思います。


このような面白さを感じるようになってからは修士論文に取り組むことが苦ではなくなりました(*´▽`*)
〆切まで4カ月を切りました!!マイペースで進めていきます

>>カウンセラーになりたい方へ〜臨床心理士以外の資格のご紹介〜
posted by あおい at 09:08| Comment(0) | 大学院 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

心理実習を終えたいま・・・

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


今日は、先日無事終了のご報告をした心理実習を終えて私が感じたことを述べてみたいと思います。

e0708016bea0c5f419ecb24a5376f323_s.jpg

心理実習を経験させていただくまで、私はこのまま教育領域で子どもたちを対象としてスクールカウンセラー活動をしていこうと思っていました。


もともと、臨床心理士を志したのも高校生の時に「臨床心理士の資格を取得してスクールカウンセラーのお仕事がしたい」と思ったことがきっかけです。困っている子どもたちの困りごとを聞き、何か力になることができたら・・・という今考えるとまぁストレートな考えでしたが、その当時の私としてはまっすぐな気持ちで進む道を見つめていた、と思います。


ですが、実習生と言う立場であったとしても初めて精神を病める方々と接する機会(実習)を与えていただき、人間の脳神経と精神疾患のつながり・病理について、そのような病を抱える方々の過去・現在・未来のその人にとってのより良い生きるとは何だったのかを考える(この場合の「より良い」は私の主観の域を出られない)機会を与えていただいたことはこれまでの私の人生観をも大きく変えるものだった・・・ということはすでに述べた通りです。


これから臨床をやっていくうえで精神医学についての学びを深めることは、もしもそのまま教育領域で活動を続けていくとしてもクライアントにとって有益。それは精神疾患は思春期・青年期が好発期であることももちろんですが、臨床家として精神(脳)を病んだ状態が教科書的にではなくクライアントの性格特性や認知特性によっても症状が異なってくることを知っているということがとても重要であると感じたからです。


できることなら大学院を修了後、医療領域での臨床活動ができればという気持ちも芽生えたことは私の中でのもう一つの大きな変化でした。



これまで通り、広い意味での子どもたちの支援に携わっていきたいという気持ちも相変わらずあるわけで。もともと欲張りな性格丸出しな状態。


でも、心理実習が私の価値観や先の見通しに大きな変化を与えてくれる機会になったことは間違いなさそうです( *´艸`)


・・・と、めちゃくちゃ真面目な感じになってしまいましたが、このような学びの機会を与えていただけた関係者の皆さまへ感謝感謝。


気を引き締めて学びを続けて頑張っていきたいと思います。

>>重要語句の学習方法 おすすめ参考書


posted by あおい at 01:03| Comment(0) | 大学院 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

心理実習、無事終了いたしました

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


大学院に入学する前までは全く想像もできなかった心理実習、先日無事終えることができました。

db715fccbe0c3bcee29b407933d71ef3_s.jpg
このままここで働くことができたら最高だなぁ。と思わせるような素敵な臨床心理士さんたちとクライアントさんに対してチームで関わることのできる専門職の皆さんと、とてもとても濃い時間を過ごすことができ、私の人生観までも変わってしまうような90時間の実習でした。


印象的だったのは心理士さんお一人お一人が「心理士としての自分の強み」や「心理職にしかできない見立て」など誇りを持ってお仕事をされていたことでした。それはまさに私のあこがれる心理士像であり、キラキラと憧れをもって見せていただきました。


また、自分自身の勉強不足や経験不足を痛感する時間でもあり、襟を正して学び続ける決心をすることもできました。


実習でお世話になった職場では、事例検討会や心理検査の勉強会、新しい心理療法や心理教育の勉強会などの学びの場が用意されており(心理職だけでなく他職種も合同だったり)学び続けるということが当たり前に勤務の中に組み込まれていると言った雰囲気の職場でした。


今回の実習に当たり、実習先まで足を運んでくださった大学院の先生や実習担当の心理士の先生、各部署でご指導くださった職員の皆さまに心から感謝しています。


このご恩に報いるにはきっとこれからも学びを深めることなのだと気持ちを新たに、目の前のクライアントのために精進していきたいと思います。


>>実習中に必要に迫られ購入した書籍をご紹介します

posted by あおい at 11:25| Comment(0) | 大学院 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】