2017年06月10日

受験前の不安は尽きないものです

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s.jpg
先週、とてもありがたいコメントをいただきました。↓
詳しくはこちらのコメント欄


大学院修了後の実務先についてのご質問でしたが、放送大学では大学院修了後の実務経験先は、自分で見つけることが前提になっているようです。確かにこれまで、関連領域での経験がないとなかなか終了後の実務先を探すことは難しいと感じるかもしれません。でも、当たり前のことですが誰でも最初は初心者ですよね。スタートするのに遅いということはありません。私の好きな言葉に「今が一番若い時」という言葉があります。
「今が一番若い時」について書いた記事はこちら↓↓
>>臨床心理士資格を取得する前にスクールカウンセラーの仕事に就いてよかったと思った理由


もう〇〇歳だから・・・というのは、自分を納得させるためにはとても良い言葉です。でも、この時を逃してしまうとこれから先、今日よりも若い日は確実にありません。だからこそ今日、始めましょう(*^^*)


一人での受験勉強はなかなかハードなものでした。自分のレベルがどのくらいなのか、果たして大学院に合格できるレベルなのか。どのように評価されるかがわからないからこそ不安になるものです。


これはもう、本当にできるだけ情報を収集して、過去に受験を経験した人たちにどんどん聞いてみるとか参考になりそうな書籍に当たるなどしてできる限りのことをするしかないと思います。(まさになりふり構わず「石に噛り付いてでも」とコメントを下さった方もいらっしゃるくらい…笑)


受験に不安はつきものです。疑問を持った時に尋ねることができる、不安を抱えたときに助けを求められることも「学ぼうとしている者」としては大事な資質だと思います。今回、コメントをくださったことで不安が解消された方も居られると思います。


こちらで共有し一緒に考えることで、私自身も読んでくださる方にも良い学習の機会となります。どのようなご質問でも構いませんので、お気軽にお知らせくださいね。


posted by あおい at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院受験記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

大学院二次面接の時の服装(私の場合)

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


今日は1次試験後の面接での服装について参考までにちょこっとお話しです。

ae55ed61c64ed4bd03caf7d282d1cd81_s.jpg

当たり前と言えば当たり前
なのですが、面接試験当日はほとんどの人がスーツ姿でした。私は仕事の面接に行くような上下黒のパンツスーツで臨みました。黒はちょっと重たい気もしましたが、試験のためにわざわざ新調するつもりもなくその他に着ていけそうなスーツがなかったというのが最大の理由です。


写真の女性はスーツのインナーが白シャツになっていますが、私は襟のないカットソーを選びました。単純に就活生みたいになってしまうかなと思ったからです。


他の受験生は、男性はスーツ姿以外の方は私がいた時間帯ではお見掛けしませんでした。女性は、カラーのツーピースで来場されている方もいましたよ。ちなみにその方も合格されています。


試験官の先生方もスーツやシャツ姿、ジャケットを着用されていたのであまりラフすぎる格好は避けた方が無難かもしれないですね。


服装よりもやっぱり…
服装は気にしだすと迷ってしまいますが、常識的な格好であればたいてい大丈夫ではないかと思います。それよりもたぶん、研究計画書の中身やそれに対する質問にしっかり答えられるかどうかがカギですよね


今回は当たり前すぎて申し訳ない情報ですが、もしも迷われている方がおられたら…参考になれば幸いです

皆様のご検討をお祈りいたします


>>大学院の2次試験面接で聞かれたこと


posted by あおい at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院受験記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

模擬試験を受けましょう!自宅でも受験できます

こんにちは。あおいです。大学院の出願時期になりましたが、研究計画書のまとめや受験対策はうまくいっておられるでしょうか。


さて、以前の記事で模擬試験を受けたというお話をしました。


本番の試験の雰囲気を味わうのと、自分が今現在どのくらいの力がついているかを客観的に判断してもらうことでこれから試験までの弱点対策ポイントが見えてきますのでおすすめです。


私も昨年は予備校の模擬試験を2回自宅で受けました。ちなみに、私は通信で予備校に通うには経済的な負担が大きく大学院入学後に学費もかかるため、模擬試験だけの受験にしましたが、もし予備校に通うことが可能であれば、受験のプロからポイントを押さえた受験対策ができるのでいいですよね。


さて、こちらが去年受けた模擬試験。
IMG_20160809_103650.jpg
英語もセットになっていましたが、志望校は第1志望、第2志望校とも英語の科目がなかったので提出していません。自分の得点が受験者全体でどのくらいの位置にいるのかが目安としてわかったので、下の方ではないという安心と上位の方でもないという焦りが出ました(笑)。


恥ずかしながら結果はかなりひどいものでした。E判定もあったし。志望校の出題傾向に合わせた受験対策を行っていたため、それ以外の範囲では全く点数が取れず…。臨床心理士試験に向けては、入学後にまた落とした部分を中心に勉強していくとして、現時点では志望校でよく出題される範囲の点数をとれるかどうかが大切なポイントです。


昨年受けた模試は、中央ゼミナールとプロロゴスのものでした。中央ゼミナールは受験者が多く、全体で192名となっていました。プロロゴスの方は21名です。


模試の受験後、解答と解説が送られてきます。私の弱いポイントなども指摘されていたし、問題ごとに論述の中で抜けているところなどの指摘もありました。こういうふうに客観的に見てもらえる機会って独学の人は特に不足してしまうと思うので、かなりありがたいご指摘でした。

IMG_20160809_103729.jpgIMG_20160809_105923.jpg
残念ながらプロロゴスの方は今年度の公開模擬試験は終了してしまっていましたが、中央ゼミナールは(8月12日現在)これからでも申し込みが間に合いそうな模擬試験があと2回残っていました。気になる方はHPで日程確認&申し込みをされてみてください。↓↓↓
中央ゼミナール
9月と10月の模試があります。志望校の合格判定もしてくれますよ。自宅受験も可能です。


今年度分は終了していますが、参考としてプロロゴスの公開模試の案内ページも載せておきます。↓↓↓
臨床心理士指定大学院専門予備校プロロゴス



posted by あおい at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院受験記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】