2017年08月31日

カウンセラーになりたい方へ〜臨床心理士以外の資格のご紹介

カウンセラーになるためには、必ずしも臨床心理士の資格は必要ないということを以前別の記事で書きました。


と、言うのも私は現在、小学校と中学校でスクールカウンセラーとして勤務しているのですが、臨床心理士の資格は持っていません。正確には、通信教育で取得した不登校訪問支援カウンセラーの資格と「適応指導教室」や「生徒指導支援」という学校現場での支援員の経験が考慮されて、「スクールカウンセラーに準ずるもの」という枠で採用していただいています。

seesaa_profile_icon

なので、スクールカウンセラーになりたいからと言って急いで臨床心理士の資格を取らなければならないわけではないのです。


ただし、経験を積むという観点から言うと、大学を卒業してすぐの何の経験もない時期に採用してもらうことは難しいと言えるでしょう。また、ある程度の経験があるからと言って、何の勉強もしないでいいというわけでありません。


カウンセリングの現場は生の人間との関わり合いで、その場その場で臨機応変な対応が求められます。似ているケースはあっても、一つとして同じケースはないと断言できます。しかし、カウンセラーであるからには、心理のプロとしての助言を求められるわけです。生半可な答えではクライアントやご家族、関係する方々にも失礼です。


私が現在お仕事をさせていただいているスクールカウンセラーの採用にあたっては臨床心理士か精神科医が第一条件に挙げられています。臨床心理士の資格を取得するには、最低でも大学院を修了するレベルの知識が必要です。そこまでに行くにはそれなりの時間がかかります。私も大学院に在学中ですが、その前の段階として他の民間資格の取得(臨床心理士も民間資格ですが)するという選択肢もあります。


そこで、現場の勉強もある程度カバーできそうな資格をピックアップしてみました。

一つ目はこちら
メンタルケアカウンセラー
カウンセリングを行うにあたって必要最低限知っていなければならない傾聴技法や発達に関することを学ぶことができ、さらに大学院受験には必須な心理学概論も学ぶことができるので、後々大学院を受験するときにも役に立つはずです。もしも、後々は大学院受験をと考えているのならば、現場でも役に立ち大学院受験にも活かせるので一石二鳥ですね。


また、同じ通信教育の中に青少年ケアストレスカウンセラーという資格もあります。もしもスクールカウンセラーを目指すのであればクライアントは子どもを中心とした教職員や保護者が主ですので、ケアカウンセラーの資格にプラスして子どもの心理や発達を学ぶことができるこちらの学びも活きてくると思います。


カウンセラーになるための最初の一歩として、これらの資格を取得するという方法もお勧めです。実際にスクールカウンセラーとして働いている仲間の中には、適応指導教室での勤務経験を積みながら通信教育でチャイルドコーチングマイスターと不登校訪問支援カウンセラーの資格を取得後にスクールカウンセラーとして採用されている方もおられます。


また、勤務年数の長いスクールカウンセラーの中には、上級カウンセラーの資格を基に10年以上スクールカウンセラーとして勤務していらっしゃる先輩方もおられます。


さいごに通信講座をお考えの方にひとこと。
心理の資格は多種多様(それだけ幅の広い知識が必要)です。もちろん心理学の全体的な知識も必要ですが、働く分野によってその領域が少しずつ異なっています。通信講座を受講するにもそれなりの受講料がかかりますので、まずは資料請求をされてからじっくり検討してみることをお勧めします。資料請求は無料でできるので、それぞれの講座の内容を見比べながらご自分の進みたい道に合った学習ができると良いですね。
無料の資料請求はこちら⇒ヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』


トップへ戻る
posted by あおい at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセラーになるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

子育てを一生懸命してきたお母さんこそカウンセラーになるべきだと思う理由

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

d8618324064cd715479cadca1f3b92aa_s.jpg

現在スクールカウンセラーとしてお仕事を戴き、学校現場で生徒や保護者のカウンセリング・先生方へのコンサルテーションを行っています。


さて、今日は子育てを一生懸命してきたお母さんこそカウンセラーになるべきだ!!というちょっと強気な私の持論をお伝えします(笑)


あくまで私がお仕事を頂いている領域(教育領域)の話ですが、子どもを取り巻く事に関する相談が多いので、相談内容は友人関係や親子関係、学習面・学校生活での困りごとが多くなってきます。子どもたちは発達の途中段階で、対人関係スキルや困った場面での対処方法を大人程多くは持っていません。そのため、対人関係の悩みや困りごとへの対処法がわからずに悩むことは自然で健康なことだと言えますね。


でも、彼らも一人の人間としてプライドがあり、自分の考えも持っています。そのため、自分の悩みに対して大人から「教えてもらう」ということに抵抗を示す場合もあります。「あります」というか言い方によっては小学校中学年くらいからはそうなると思って接した方が良いのかもしれません。それはとても素晴らしいことで子ども自身の考える力や振り返る力がメキメキと育っているのを感じますね


そんな場面で、「何も一人で解決しなくてもいいんだよ、一緒に考えようよ。」というメッセージを届けられるのがカウンセラーの役目だと私は思っています。カウンセラーは答えに導いていくのではなく、クライアントが自分なりの答えを出すところまで一緒に走っていく(伴走)のイメージに近いですね。


こう考えてみると、子育ての中でもこんな時期ってありませんか?


小さい時にはお箸の持ち方や洋服の着替え方、身支度の仕方など「教え、導く」ことが子育ての大半を占めますが、小学校中学年くらいから子どもは自分の世界を持つようになりますよね。お家の人にもなんでもかんでも話さなくなったりします。中学生くらいになると大人に言えない秘密を一つや二つくらい持っているのが普通。


親は、それに気が付いていても見てみないふりをしたりそっと見守ったりしていると思います。この、心理的に適度な距離感がカウンセラーの構え方と似ていると思うのです。

0dd2220c5727850376d283490f17aaa6_s.jpg

子育ての経験って、自分自身の人生の中で圧倒的に成長させてもらえる期間です。


親は日々の生活の中で共感力、忍耐力、洞察力が磨かれ親自身も自己理解が深まっていきます。特に、子育ての中でお子さんの発達の課題や、困難にぶつかっていろいろと悩まれた経験は更に多くの学びになっているのではないでしょうか。


もちろん、基礎的なこと理論的なことを学ぶことが前提ですが、どんなに頑張ってもテキストで学ぶことのできない経験をしているという点で子育てをしてきたお母さんの力は生かすべきだと思います。それは、今を一所懸命生きている子どもたちや、精いっぱい子育てを頑張っているお母さんたちの笑顔をもっと増やすために。


先ほど基礎的なことや理論を学ぶことが前提と言いましたが、その理由は基礎理論を抑えてからでないとただの「お説教おばちゃん」になってしまう可能性が大きいからです。理論的な裏付け+経験からの学びが自分の意見だけに偏らないアドバイスになるのです。


自分の子育て経験を生かしてカウンセラーになりたいと考えているなら、基礎理論はしっかり身に付けておきましょう。

◆総合的に基礎理論を学びたい方はヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

をおススメします。資料請求だけであれば無料なので、どちらか迷ったら両方とも資料請求してみても良いかもしれませんね。


「困った時には助けを求めていいんだよ」そんなメッセージを送れるカウンセラーになりましょう♪


上記の資格は⇓こちら⇓から無料で資料請求できます
ヒューマンの通信講座 『ケアカウンセラー』



よろしければこちらの記事もどうぞ♡
スクールカウンセラーになりたい人にお勧めの資格

posted by あおい at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセラーになるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーにとって資格や学歴は本当はそれほど重要ではないという事実

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


1485236485199.jpg

私は大学を卒業してから数年間、学校現場での支援員や相談員の経験を積みスクールカウンセラーとしてお仕事を戴いていました。今でこそ大学院で学んでいますが、スクールカウンセラーを始めた当時は、支援員時代に支援員仲間で取得した不登校訪問専門員という通信講座の資格のみでお仕事を戴きました。


当時は、不登校のお子さんを対象とした教室で仕事をしていたので上記の資格を取得することになったのですが、スクールカウンセラーとしてお仕事を頂いている現在も不登校や登校しぶりのケース対応は非常に多いと感じています。


スクールカウンセラーのみならず、他の領域でもカウンセラーになりたいと思っている人は結構多く、私自身もカウンセラーになる方法について尋ねられることがよくあります。皆さんカウンセラーというとやはり臨床心理士を真っ先に思い出すようで学歴や資格がないという点であきらめられている方が多いようです。


よく聞くのが、「私は高校しか出ていないし、子育てだけをしてきたし…」と半ばあきらめ気味な方。
不登校や登校しぶりと言っても原因や対応方法は、お子さんの年齢や背景はケースによって実にさまざま。一つとして同じ経過をたどるということはないと思います。でも、ケース対応を重ねるうちに勘というか感覚である程度の見立てを立てられるようになってきます。多くの事例に接するということがいかに大切かということを物語っていると同時に私も実践の中で強く感じていることです。


もちろん、他の記事でも口酸っぱく行っていますが基礎的な理論や知識を学ぶことは必須です。でも、それをせずに「学歴」や「経験」がないからとカウンセラーになりたいという志をあきらめてしまうのは私は格好悪いと思います。


私の尊敬する臨床心理士の先生がいつもおっしゃるのは「カウンセラーにとって大切なことは学歴でも資格でもなく、想い。」という言葉。私にとってもすごく励みになっている言葉です。いくら心理学の知識があってもテストの成績がよくってもそれはあくまで机上の話。


カウンセラーとして本当に大切なのは、クライアントの役に立ちたいという想いだということですよね。その想いがあればきっとケース対応の勉強やカウンセリング技法についても日々勉強したいという気持ちになるはずです。


もしもあなたがカウンセラーになりたいと考えているなら…できることから始めてみませんか?
これからの人生の中では今日がいちばん若い日です。
学習を始めたいならまずは無料の資料請求をお勧めします⇓⇓⇓
心理系資格が豊富なヒューマンの通信講座 『メンタルケア心理士』

不登校訪問支援カウンセラーの資格もこちらで取得しました。


こちらの記事もどうぞ♡
スクールカウンセラーになりたい人におすすめの資格





posted by あおい at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセラーになるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】