2018年08月02日

人前で話すなら・・・

一に勉強、二に勉強。




最近の先生方は発達障害についてもよく勉強されています。
↓↓↓



スクールカウンセラーになりたい人にお勧めの資格




posted by あおい at 15:05| Comment(0) | 過去問 解答例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

公認心理師試験対策 本日の一問 7月29日

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


少年非行の現状に関する記述の中で、適切なものを1つ選びなさい。


A 平成28年の警察庁の報告によると、刑法犯少年は、過去10年間増加傾向にある。


B 平成28年の刑法犯少年の罪種別検挙人員は、窃盗犯よりも粗暴犯のほうが多くなっている。


C 平成28年の刑法犯少年の窃盗犯の手口のうち、万引きよりも自転車盗・オードバイ盗を合わせた割合のほうが多くなっている。


D 平成28年の無職少年による刑法犯の総数は、有職少年による刑法犯の総数よりも少ない。


E 平成28年の特別法犯少年の検挙人員は、男子よりも女子の方が多い。



 


答え D

平成28年の無職少年による刑法犯の総数は3,517人、有職少年による刑法犯の総数は5,525人であり、無職少年による刑法犯の総数のほうが少ない。少年による刑法犯の総数は減少傾向にあるが、特に無職少年による刑法犯の総数が減少傾向にある。


posted by あおい at 10:53| Comment(0) | 過去問 解答例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

苦手分野

公認心理師試験対策模擬試験を何とか1日かけて受験し終えました。

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s.jpg

締め切りが7月30日だったので先に終えなければという焦りもありましたが・・・。今回は締め切りには間に合わなさそうです。



受験される方々も前回と比べると対策をしっかりやっている人、そうでない人(私)で順位が大きく入れ替わるんだろうなというのが正直な感想。



私の苦手分野はやはり医療・福祉・制度面だということを痛感しました。特に、福祉関係の法律、司法関係の法律はさっぱりです。少年事件や刑事事件の手続きの流れなども出題されていました。教育関係の制度であればまだしも、司法の領域は全くの守備範囲外なので、法規関係、それと公認心理師の職責(こちらは出題割合が高い)についてしっかり押さえていきたいと思います。
posted by あおい at 17:49| Comment(0) | 過去問 解答例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】