2017年01月27日

入門編!心理学概論お勧めの参考書ベスト5!!

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

b3457776f6f5eda9c07b4b3d667c0bff_s.jpg
これから心理学を学びたいと思っている方、特に心理学に振れたことがないという初心者に向けて、管理人がお勧めする参考書を厳選してランキング形式でご紹介いたします。


心理学とは何か、心理学の学派や理論など全体像をつかむのに必要な心理学概論の参考書です。

気になった本は、画像をクリックするとそのままamazonに飛べます。

第5位


図解シリーズは、イメージがつかみやすく説明も易しいので理解しにくい理論の理解に補助的に使うと有効です。最近も院生の間で「図解 ユング心理学」がお勧めの書籍として話題になりました。


第4位


持ち運びに便利なサイズ。ちょっとした移動時間にパラパラとめくって読める気軽さで4位にランクイン。


第3位


有斐閣社は心理学を学ぶ学生の間では信頼されている出版社。情報の正確さと信頼性で3位にランクインしました。



第2位



学部の時にも同じシリーズの第3版を心理学概論の授業で使用していました。スタンダードで使いやすいテキストです。


第1位


現在でも時々開いては確認することもあるくらい幅広く、偏りが少ないと言えるテキスト。1冊で心理学におけるほぼすべての領域をカバーすることができると思います。


一言に心理学の基礎を学ぶと言っても、たくさんの書籍が出ていますよね。実際に勉強してみて、自分に合った参考書とそうでない参考書では頭に入ってくる量が違う気がしました。
一つ注意していただきたいのが、できるだけ知識を偏らせないために概論所も数冊手元に置けると良いと思います。詳しくは過去記事の勉強方法をご覧ください。
⇒⇒⇒重要語句の学習法 おすすめ参考書


参考書選びで迷われている方、口コミの一つとして参考にされてみてくださいね!!



posted by あおい at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人おすすめ参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
【Google AdSense】