2016年11月28日

カウンセラーにとって大事なのは資格ではない

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。スクールカウンセラーとしてお仕事を戴きながら、臨床心理士の資格取得を目指し大学院に在学中の私ですが、カウンセラーにとって大事なことは資格ではないというちょっと矛盾したことを感じています。

d8618324064cd715479cadca1f3b92aa_s.jpg

過去記事にもたくさん書いていますが、私が働く地域のカウンセラー仲間の中で臨床心理士の有資格者は半分程度です。あとの半分はこれまでの経験や独学で取得した資格などをもとにカウンセラーの活動をされています。


なぜ今日あえて資格が大事ではないということを書こうと思ったかというと、臨床心理士の有資格者ではないカウンセラーでも面接技法や見立ての力が優れていると感じる方がたくさんいるということをお伝えしたかったからです。


一例をあげると、私が一緒にお仕事をしているスクールカウンセラーは青少年ケアストレスカウンセラーの資格を独学で取得し活躍していて、校内研修や地域での講演会など心理教育の部分にも力を入れておられます。


彼女は常々「どの資格を持っているかではない、現場で何ができるかです。」と言います。(とても謙虚な方です。)資格はカウンセラーになるためのスタート地点に立つためでしかありません。その後の働き方は、その人次第なんですね♪


これからカウンセラーを目指して資格を取得しようと考えておられる方も、ただの肩書を作るのではなくぜひ現場で生かせるスキルを身につけることを目指して頑張ってください。


カウンセラー資格を独学で取得するならヒューマンアカデミーがおすすめ↑こちらから無料で資料請求ができます


ラベル:心理職
posted by あおい at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセラーになるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
【Google AdSense】