2017年02月28日

今年も無事、次年度のスクールカウンセラーとしての任用(採用)の通知がありました

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s.jpg

スクールカウンセラーの募集は例年、10月の後半から11月ごろにかけて行われます。私の住む自治体ではスクールカウンセラーは非常勤職で、1年の任期付きです。なので、十数年スクールカウンセラーをやっておられる大御所の先生でも毎年ハローワークで紹介状をもらい面接を受けて任用の決定が下りるというちょっと面倒な手順を踏む必要があります。もちろん、履歴書も毎年提出されるんだそうです。


そんなわけで、私も去年の11月に次年度の募集に対する応募を行いました。今年は、担当者とメールでやり取りをするようになっており(去年までは文書でした)、採用決定の通知が文書に先駆けてメールで来ていました。


無事、次年度の任用を受けることができました。


スクールカウンセラーが不足しているとは言っても、実際に採用の通知が来るまではちょっと不安です。どのくらいの勤務校数になるのかはまだ調整中らしく、連絡を頂いていません。例年、スクールカウンセラーの配置校というのは、予算が下りてからになるので年度が変わるギリギリの3月下旬くらいになるのです。


担当部署の方も、県の職員なので転勤とかの場合はぎりぎりまで業務に追われて大変だなぁと思います。


健康診断書や身分証明書の提出を終え、配置校が決まるとまたもう少しホッとできますね。これも毎年毎年同じ手順です。次年度も日々勉強しながら頑張ります。


>>スクールカウンセラーになりたい方にお勧めの資格
>>入門編!心理学概論お勧めの参考書ベスト5!!



2017年02月16日

無事、M2に進級できそうでホッとしました(*'▽')

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


先日、大学院受験の対策で志望大学尾教授が書かかれた書籍を使って勉強すると良いと書きました。そのなかで、放送大学であれば科目履修性として単位を修得しながら勉強するのが一石二鳥だという話もしました。実際に院生の大半が入学前に単位をある程度とってから入学していることが多いのも事実です。
>>大学院入試論述の対策

1c605fb73e7b55a430cfc4dc5bcf86b5_s.jpg

しかし!私は入学前に単位を修得していなかったので、M1の間は半期に一度の単位認定試験を受けて単位を修得しながら、スクーリングや修論を同時進行で行っていました。単位の中には必修科目というものがあり、その単位を修得していなければM2に進級することができないため、試験の結果がものすごく気になっていた私でしたが、先日成績の発表があり



無事、合格していました(*´▽`*)



成績の発表は、ネットのマイページで確認することができるのですが、日付が変わった瞬間の0:00から確認作業を始め、確認できたのは0:50頃でした。アクセスが集中してみることができなくなっていたようです。私のように、単位が取れているか気になっている方が全国にたくさんおられるようです。


M2に行われる病院自習のあいさつにも先日伺いましたので、また気持ちを新たに引き締めて修論にも取り掛かります!!


単位認定試験の対策




posted by あおい at 10:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 大学院 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

大学院入試論述の対策

こんにちは。当ブログ「心理職を目指すには〜主婦が臨床心理士資格に挑戦するブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人のあおいです。


さて今日は、大学院入試の論述対策についてです。


ある院生さんは、入試対策として志望する大学の教授が書かれている書籍を読んでそれで勉強していたとのことでした。放送大学であれば、放送大学の科目履修生になって科目を取っていくことが受験勉強にもなって一石二鳥かもしれませんね。実際にそうされて入学されている院生もたくさんいらっしゃいます。なのでそういう方たちは、実際に合格されて院生として学習を始めたときには単位はほぼ取り終わられており、あとは修論に集中して取り組むのみ!!という感じです。


ちなみに私は入試対策にAMAZONでこちらを購入して熟読していました。



入学すると500円で購入できるのですが、背に腹は代えられぬ…という気持ち。入学できなければ元も子もないので(^^;



大学院で使用している教材で受験対策をすることにはさらにメリットがあり、入学後の科目試験でも同じテキストの中から出題される傾向があることです。それだけ、テキストの中身をしっかり押さえておくことが受験においてもその後の学習においても大切なことと位置付けられていることがわかりますね。


posted by あおい at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】