2021年03月21日

時間がなくても学び続けるための色々な方法

こんにちは。当ブログへお越しくださりありがとうございます。


当ブログは未経験から心理職を目指す方法をアップしております。


私自身は心理系大学⇒教育系大学へ編入⇒臨床心理士認定資格協会指定大学院という進路を経て公認心理師と臨床心理士を取得ました。そのうち、教育系大学と大学院は社会人になってから仕事と並行して通信制の学校で学んでいます。


当ブログの趣旨は、未経験でも心理職を目指すことができるということともう一つ、学びを続けさえすれば学び方はどんな方法でも大丈夫であるということをテーマとしているつもりです。そのため、独学でもどの教材を使ってどんな勉強法をすると効率が良いのかという情報をお送りできればと思っています。


私自身、独学で試験勉強をしていた時にはネットの情報が役に立ったということと、同じ志をもつ人がどんなことを考え実行しているかということが気になっていたということもブログを始めるきっかけになったからです。もちろん、ブログを運営し自分で振り返りをしていることがモチベーションの維持につながったところもありました。


心理職を始めてからも大学院修了後、資格取得後も常に勉強を続けることが必須だと思っています。


特に、心理系の学部での基礎的な部分は一通り知識として持っていることはすごく大事です。カウンセリングは経験を重ねればある程度自分のスタイルが身についてくるものではあります。しかし、クライアントへの介入が経験のみに基づくものか、知識と経験に基づくものかではその経過は大きく異なります。


クライアントは背景も反応も様々です。カウンセリングの中で起きるカウンセラー自身の心的反応を客観的に分析したりクライアントの反応がどの部分から来ている可能性があるのか等を冷静に見つめる力もカウンセラーには必要です。大学での勉強は、心理学概論や心理学史など実践には直接関係のないように思えるものもありますが、カウンセリングの経過の中でその基礎的な知識が役に立ってくるのです。


心理職を目指している方で他学部を卒業していたり、高校卒業後何年も経っているという方はぜひ心理の基礎的な部分からの学習をしてみることをお勧めします。


経済的な余裕があれば通学生の四年制大学に入学するという手もあります。または、大学を一度卒業している方であれば、3年次制に編入するという手もあります。または、経済的に厳しければ大学のテキストを購入して勉強するという方法もあります。放送大学のテキストは確かAmazon等でも購入できたと思います。私も大学院の受験前、研究計画を作成する際には放送大学のテキストを読み漁り、合格が狙えそうな研究計画を練っていました。



⇧多分黄色いテキストは最新版



⇧こちらはおそらく古いものですが、私が大学院受験の際に購入した一冊


放送大学は大学院だけでなく、学部もあり学び方も色々あるようです。詳しくは学校案内などを取り寄せてご自身に合った方法で学習してみてはいかがでしょうか。


他にも通信制の大学で心理学を学ぶことができる学校はたくさんあります。
資料一括請求ができる通信講座・通信制大学特集サイトで比較してみるのも良いかもしれません。



ぜひご自身に合った方法での学びを続けて行っていただければと思います。






posted by あおい at 15:47| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職員向け研修とそのいきさつについて

先日、中学校の先生方へ向けて、WISC-Wの内容(主に読み方)に関する研修を行ってきました。

f34ed0cc454d3a619c9e01e0ce36f506_s.jpg

現場の先生方の声としては
「発達の”凸凹”という言葉で理解した気になっているが実際の支援をどのようにしたらよいかわからず困っている」
「結果通知が下位検査の数値と数行の所見のみで生徒理解が十分にできない」という2点が主なものでした。


お話を頂いたときには正直微妙に内容を変えて”学校生活の中から見える困り感からアセスメントし、支援方法を検討する”という内容の研修にしようかとも思ったのですが、上記の具体的な困り感があったので管理職の先生からの要望にできるだけお応えする形での研修にしました。


また、現場の先生からは「実際に検査に使用する道具を見せてほしい」「どんな質問項目があるかいくつか教えてほしい」との要望もありましたが、それは検査者の責任として禁じられているためお断りしました。


私の働いている自治体では、特別支援級への通級・入級を判定するために教育委員会の委員がWISC-Wをはじめとする知能検査や発達検査を施行します。その後保護者と面談をして検査結果の伝達(口頭で)と次年度の特別支援級利用の意思確認を再度行うという形で手続きが進められています。そのため、現場の先生方には一人一人の詳細な検査結果の報告等がなく、実際に支援する先生方が具体的な生徒像や手立てがわからず困っていらっしゃるということでした。


委員会としては、保護者から先生方へ伝達してほしいという思いがあるようですが、心理や教育の専門家ではない保護者が一度の口頭でのフィードバックで我が子の特性を人へ伝えられるほど理解できるとは到底思えません。


私は今年度からテスターとなったのですが、このシステムに正直納得できておらず数回教育委員会にも掛け合ったところ、学校から要望があった場合には教育委員会の職員が再度面談を行い、詳細な特性や支援方法の相談に応じているとのことでした。しかし、要望が出ないところは検査を受けっぱなしになってしまい非常にもったいない。委員会としては予算的にも厳しいところがあるようですが、1時間余りかけて検査を受けた生徒の頑張りにも報いるように役立つものにしていきたいという気持ちが残ります。


他の市町村はどんなシステムになっているのか興味があり、今後こっそりと調査していきたいと思います。


研修の内容についてはまたアップします。
posted by あおい at 09:29| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

次年度の採用内定通知 スクールカウンセラー

スクールカウンセラー次年度の採用内定通知を戴きました。

0742e91a56165dd88071d324855b9126_s.jpg

次年度は、今年度担当させていただいていた学校とその地区の学校1校が追加で配置となっていました。同じ学校で継続できるのは、カウンセリングを行っていた生徒たちを継続で担当できるというメリットがありますね。スクールカウンセラーは年度ごとの採用なので年度が終わる前にどうしても一旦一区切りついてしまうところが難しいなと感じています。


卒業生に至っては、卒業と共に私とのカウンセリングも終結となってしまうので、卒業後の所属先等での相談先や使えそうな資源についても情報提供しています。一度「相談する」ことができた子たちですからね、この先も援助を受けようとする力(「受援力」とも言ったりします)を持って色々な局面をしなやかに乗り越えて行ってもらいたいなと思います。


今年度は担当していた学校のほかに、緊急支援でほかの学校にも数回行かせていただきました。


緊急支援についてはまたいつか詳しく書きたいと思いますが、スクールカウンセラーの外部性と枠をしっかりと守りながらも必要としてくださる所で活用してもらえるようなスクールカウンセラーになりたいと思います!そのためには日々精進ですね。


ちなみに、配置校の本決定はなんと4月に入ってからです。予算の関係らしいので仕方ないのですが、遅いですよね・・・
(;´д`)トホホ


過去記事

40代未経験でも心理士になれる!と思うワケ
スクールカウンセラーになりたい人にお勧め資格
カウンセラーになるための資格を紹介します
posted by あおい at 09:52| Comment(0) | スクールカウンセラー 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

知能検査のテスター WISC

今年度は新たな挑戦として、知能検査のテスターのお仕事をさせていただいています。教育委員会のお仕事で期間限定単発のお仕事ではあるのですが貴重な経験でした。


普段福祉と教育の領域でお仕事をしているため、なかなか心理テストを施行する機会がないので自分で開拓していくしかありません。


小中学生と保育園児を対象としての検査だったのですが、各学校(園)と日程調整を個人間でしなければならずこの作業が地味に大変でした。


普段の相談業務とスクールカウンセラー業務の合間を縫っての日程調整。しかも、お子さんの力をできるだけ発揮できるようにと保育園児の場合はお昼寝の時間なども考慮しながら・・・(^^;


心理検査はケース数をこなすことで普段のアセスメント力にもつながるのだと実感したのと同時に、お子さんたちの普段の姿から見えていることと検査結果のすり合わせをしながら先生方が日常生活の中でされているアセスメントの鋭さにも脱帽でした。


フィードバックの際は保護者の方と(保護者の了解が得られた方は)先生へ行います。普段の姿と困り感が検査結果のどの部分と関係しているのかを説明しながらお子さんの特性を考慮した支援の方法を考えてもらえるよう数回にわたり先生方とはやり取りをしました。


大学院生時代に勧められて購入したこちらの書籍が大活躍です。解釈やフィードバックに非常に役立ちました。






posted by あおい at 15:43| Comment(0) | 書籍 おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

心理職に就くためのいくつかの方法

以前、未経験の方が心理職に就くということについての私見(結構熱い)を書いた記事があります。


40代未経験でも心理士になれる!と思うワケ


今日は、未経験の人が心理職に就くにあたってどんな方法があるかを少し考えてみたいと思います。


34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s.jpg

「心理職」と一口で言っても、その活躍する分野は様々で医療、教育、福祉、司法のような領域があります。これらの領域の中でも臨床心理士や公認心理師を持っていなくても採用してもらえる仕事は結構あるものです。


例えば私も無資格の時から従事させていただいていたスクールカウンセラー。こちらは自治体によるところも大きいのですが、有資格者の数が足りない自治体では「スクールカウンセラーに準ずるもの」という枠を設けて募集をしているところもあります。条件としてはこれも自治体ごとではありますが、「大学で心理学隣接領域を修了した者」だったり「児童及び生徒に関する相談活動の経験年数が5年以上ある者」等がありました。


私の周りのスクールカウンセラーに限って言うと、教職や社福を持っている方も高確率で「準ずるもの」として採用されている印象です。
そういえば臨床心理士試験の帰りの電車でたまたまご一緒した九州の方は、大学院に通いながら事務職とスクールカウンセラーを掛け持ちしていると話しておられました。


他にも心理系の資格がなくても児童デイサービスの支援員や不登校児の通ってくる適応指導教室の指導員、公立学校などで募集している特別支援教育に関わる支援員、保育園の保育助手など、実際にとの関わりを持てる現場での募集は結構あります。


私は子どもをクライアントとした領域で心理職として働きたかったため仕事に関する知識が児童の分野に偏っていますが、将来的に就きたい現場に近い仕事をしながら資格取得を目指すことも心理職に就くための方法です。ゴールを見据えつつ、近接領域での経験を積んでいくことは将来的に心理職としてクライアントと向き合う時に必ずあなた自身の財産になります。


もちろん、その領域ですこしでも役に立ちそうな履歴書に書ける資格を持っておくに越したことはありません。


関連記事 ⇓
40代未経験でも心理士に慣れる!と思うワケ


ヒューマンの通信講座*たのまな『メンタルケア心理士』

posted by あおい at 15:19| Comment(0) | 心理職 なるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【Google AdSense】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。